2008年05月25日

「適性検査」SPI2について

「適性検査」SPI2で実施されている4つの検査形態にはそれぞれメリット、デメリットがあり、企業は採用活動に合わせた形態を取り入れています。 

テストセンターではあらかじめ設置された検査会場を利用するため、会場設置や管理の手間、費用の負担がなく、多人数が受検できるメリットがあります。 
又身分証明書を持参し、試験管の監視の元で受検するため不正行為が避けられます。 
受検者のメリットは遠隔地の志望者も最寄りの会場で受検することができる、又都合のよい検査日時を選べることです。 

インハウスCBTは本社・支社の場所に関係なく最新型の「適性検査」が実施できるメリットがあります。 
又社内で試験管のもとでの受検により不正行為が避けられます。 
そして企業は結果を検査終了直後から取り出せるため、検査の直後に面接を行う場合にも検査データを活用することができます。 
ですが自社のパソコンを利用するため、パソコン数に応じた受検者数に限定されるというデメリットがあります。 

WEBテスティングも又会場設置や管理の手間、費用の負担がなく、受検者にとっては自宅で受検できることで交通や時間にとらわれず負担が軽減されます。 
ですが受検の際に相手が見えないため、不合格だった場合に受検者の納得が得られにくく、又他人が本人のIDやパスワードを入力して受検するなどの不正行為が起こりやすいというデメリットがあります。 

ペーパーテスティングは試験管の監視のもとで行われ不正行為がおこりにくい形態です。 
又多人数が一斉に受検できるため、会社説明会やセミナー開催時に「適性検査」を実施する場合に適しています。 

適性検査マニアでは、適性検査の役割、"目的"などについてや適性検査の種類、利用方法等について解説しております。 管理人の体験談や経験の他、専門サイトや書籍で学んだ知識や専門家の方から得た貴重な情報などを元に解説をしております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせのメールアドレスは(zqq11qq★yahoo.co.jp)です。 ★を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by 適性検査 at 20:21| 適性検査の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。